Mavericksで追加された手書き風フォント『HanziPen』がとっても使える

フォント

Illustratorで作業中、HanziPen SC/TCというフォントが入っているのに気付きました。

HanziPen SC/TC

手書き風の割となかなか使いやすそうなフォントです。

仕事柄色々なフォントを使うので、あれ?こんなフォントいつ入れたっけ?と思う事もしばしばなのですが、こういういつ入れたのか覚えてないようなフォントを迂闊に使うと著作権的にアウトだったりする事もあるので、どこからやって来たフォントなのか調べてみました。

Mavericksに追加されたフォントだった

どうもこのフォントはMac OS 10.9 Mavericksにアップデートした時に追加されたOSバンドルフォントのようで、OS X:Mavericks に組み込まれているフォントとしてAppleで公式に発表されていました。

元ネタはダイナコムウェアのフォントのようで『DynaFont製品に関するお知らせ | ダイナコムウェア株式会社』でリリース発表されていました。『ハンジペン』と読むようですね。

ところでTCとSCの違いって何?

HanziPen TC/SCにはレギュラーとボールドの2タイプあるのですが、TCとSCでフォントデザインが見た目全く同じで、違いが分からない事が気になりました。

これは比較表を作って下さっている方がいて、
Hannote, HanziPenのTC/SCでデザインが異なる文字一例』によると、ほんの一部の文字において、若干デザインが異なるようです。

OS標準バンドルという事は商用利用可能で、少なくとも文字打ちや見出し、キャッチコピー等の通常制作には問題なさそうです。(商標登録を伴うロゴデザインに使えるかどうかは不明)

こういう洒落た日本語フォントが標準でバンドルされてる事はなかなか無いので、デザインの幅の広がりに一役買ってくれそうですね。

【PR】

デザイナーのための副業まとめ

タイトルとURLをコピーしました